わきが対策専門ブランドNOANDE【ノアンデ】

ワキガの治療の方法と費用 !

ノアンデ

 

 

「ワキガの治療ってよく聞くけど、費用はどれくらいかかるんだろう?」「ワキガの手術はどこで受けたらいいんだろう?」とお悩みではありませんか?

 

ワキガの治療は、皮膚科や、美容外科で行います。症状の程度により治療法は異なり、それによりかかる費用も変動します。

 

そこで、今回はワキガの治療方法や、おおよその金額などをお話しします。

 

※治療を受けたいけど決めきれないという方は、専用のニオイケア商品を使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

ワキガの治療ができる場所

 

ワキガの治療ができるのは、皮膚科や、美容外科です。ワキガの診察が初めての方の場合、まずは皮膚科に行くことをおすすめします。

 

自分でワキガだと思っていても、においに過敏になり過ぎていたり、実際にはワキガではなかったりする場合があり、専門家でなければ診断は難しいです。

 

皮膚科に相談した上で、今後の治療の方針を決めていきましょう。

 

また、治療の場合も手術の場合も、美容外科とは違い、皮膚科であれば保険が適用され、費用が抑えられます。

 

 

 

ワキガ治療・手術

 

@皮膚科に行
ワキガの相談を専門の医師に相談したことがない場合、まずは皮膚科に相談しましょう。症状が軽ければ、
手術ではなく、薬を処方され、様子を見ることがほとんどです。

 

処方薬には、汗を抑える飲み薬や、ワキの消毒を行う塗り薬などがあります。

 

また、実際にはワキガではない場合もあるので、その際は医師から生活習慣などの指導があります。

 

A専門の治療・手術を受けるかどうかの判断をする
薬を使用しても症状が改善されなかった場合、治療を行います。医師と相談後、病院で治療や手術を行う場合と、
紹介状を書いてもらい、美容外科で治療や手術を行う場合とがあります。

 

B治療・手術を受ける
ワキガの治療や手術はたくさんの種類がありますが、症状やこちらの意向に合ったものを受けます。

 

美容外科で治療を行う場合は、初回のカウンセリングを受け、治療の方法などを相談し、
後日治療を始めるのが一般的です。

 

 

Cアフターケア
状況によっては、術後の抜糸や、経過の確認が必要なことがあります。

 

 

 

ワキガの治療・手術の種類

 

ワキガの治療・手術は、症状の程度を考慮した上で、医師と相談して決定されます。方針を決めるに当たり、詳しい説明を受けることができるので、こちらでは、方法やメリット、デメリットを簡単にお話しします。

 

これから紹介する以外の治療方法もありますが、よく行われているもののみをご紹介します。

 

ワキガの症状の重さごとに、治療法をまとめました。

 

 

【軽度のワキガ】

 

■ボトックス注射

 

方法:汗腺が汗を分泌するのを抑える製剤を注入します。保険が適用されるため、費用を抑えることができます。
費用:30000円から
痛み:ほぼなし
手術痕:なし
症状の程度:重度の方には向きません
効果:半年〜1年
所要時間:5〜10分程度

 

 

■レーザー治療

 

方法:「ミラドライ」と「レーザー・デオドラント」の2種類があり、ワキガのにおいを起こす、「アポクリン腺」、「エクリン腺」にレーザーを当て、汗腺を燃やします。
費用:75000〜15万円程度から
痛み:ほぼなし
手術痕:なし
症状の程度:重度の場合は、再発の可能性あり
効果:ほぼ永久的
所要時間:5分程度

 

 

■電気凝固法

 

方法:ワキの毛根のあたりに針を刺し、そこから電流を流して毛根を固まらせ、ワキ毛、アポクリン腺、皮脂腺を壊します。
費用:30000円から
痛み:麻酔を使用しない場合痛みあり
手術痕:なし
症状の程度:軽度
効果:発症する可能性あり
所要時間:2〜3時間程度(通院の必要あり)

 

 

 

中〜重度のワキガ】

 

■マイクロリムーブ法

 

方法:小さな穴を開け、管をさしてアポクリン腺を取り除きます。
費用:30万円程度
痛み:ほぼなし
手術痕:なし
症状の程度:中〜重度
効果:半永久的
所要時間:1時間程度(通院の必要あり)

 

 

 

■剪除法(せんじょうほう

 

方法:ワキに切り込みを入れ、汗腺を1つずつ取り除きます。
費用:40000円から
痛み:なし(麻酔を使用するため)
手術痕:2〜4cm
症状の程度:重度
効果:半永久的
所要時間:1〜2時間(通院の必要あり)

 

 

 

治療を受けてもワキガは再発することもある

 

治療を受けても、ワキガの症状が再発することがあります。その理由は2つあります。

 

 

ワキガの症状が重い

 

治療には、重度のワキガの方には向かないものや、効果が数週間しか続かないものもあります。重度の方が、比較的症状の軽い方向けの治療をしても、思ったような効果が得られないことがあります。

 

また、治療の中には、効果が半永久的なものもありますが、効果が一時的な治療も多くあります。

 

ご自身のワキガの症状の重さや、効果の持続性なども、治療の前によく話し合って決めると、治療前と後のギャップも少なくなるでしょう。

 

 

担当医の技量が低い

 

治療を担当した医師の経験や実績によって、期待した効果が得られない場合があります。

 

特に、汗腺を完全に摘出する手術では、医師が目視で1つひとつ取り除くため、医師の経験によっては、再発の可能性が高まります。

 

実際に治療を受けた人の口コミをや、病院(美容外科)のホームページをよく見て、再発の可能性がないか、医師の腕は良いかを見極めましょう。

 

 

 

良い病院の見分け方

 

治療の効果は、医師の腕によって変わってきますし、中には無理に高額な手術を勧められることもあります。

 

信頼できる病院かどうか、実際に行かないことには判断が難しいですが、病院を選ぶ基準をご紹介します。
病院を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

 

医師やスタッフの対応が親切で丁寧

 

実際に診察やカウンセリングを受ける前に、不安や疑問をぶつけ、どのような対応が返ってくるか確認しましょう。

 

診察もせずに電話口ですぐに手術を勧めてくるようなところは気をつけましょう。
ワキガは、症状だけでは診断がしにくいものです。

 

患者さんと丁寧に向き合う姿勢が感じられない病院は避けましょう。

 

 

 

デメリットも説明してくれる

 

デメリットのない治療はありません。痛みが伴うものや、傷痕が残るものなどのデメリットを、隠さず説明してくれるところの方が信頼できます。

 

重症のワキガの治療には、再発の可能性が低いものもありますが、完全に「再発はない」と言い切ることは難しいです。

 

どんなに腕の良い医師で、ワキガの原因を取り除くことはできても、術後の生活習慣などによっては、絶対に再発しないとは限らないからです。

 

 

 

こちらの意見も聞いてくれる

 

治療方法を決める段階で、勝手に治療の方針を決めてしまうようなところは避けましょう。治療は痛みや時間、何より費用の面で負担がかかるのはこちら側です。

 

症状に合わせた治療を決めるのは医師ですが、治療を受けるか最終的な決定をさせてくれるかも、重要なポイントです。

 

また、いくつか治療の選択肢を用意してくれる方が、親切だと言えます。

 

 

 

病院の口コミが良い

 

可能であれば、病院の評判を確認してみましょう。ワキガの治療は、受けたとしても公表する人が周囲にはいないので、インターネットで検索してみましょう。

 

どの病院も、必ず口コミがあるとは限りませんが、あった場合にはきちんと確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
TOP ノアンデの成分 ワキガとは? ワキガの治療方法と費用 ワキガ対策ランキング