わきが対策専門ブランドNOANDE【ノアンデ】

ワキガとは (脇臭症) ?

思春期になると、 腋わきの下からの汗が刺激のある独特なにおいを発するようになります
。においが強い場合を腋臭症といいます。

 

 

ワキガの原因は何なのか

 

腋の下にはアポクリン汗腺があります。アポクリン汗腺は腋の下、 乳暈(にゅううん)、外陰部などにあります。
アポクリン汗腺は性ホルモンの影響を受けているので、思春期になると分泌が活発になります。

 

 アポクリン汗腺から分泌される汗は蛋白成分を多く含んでいます。アポクリン汗腺から分泌された直後の汗には臭いはありませんが、細菌により分解されることによりにおいを発するようになります。
アポクリン汗腺の汗がにおう体質は遺伝します。

 

 

症状の現れ方

 

思春期の第二次性徴が現れる時期になり、腋の下が独特な刺激臭を発するようになります。
汗をかいたままほっておくとにおいは強くなります。衣服の腋の下の部分が黄色く変色します。

 

 

検査と診断

 

腋の下の汗をガーゼなどでぬぐい、においを嗅ぐことにより診断できます。

 

 

治療の方法

 

制汗剤(せいかんざい)による外用治療を行います。制汗剤としては塩化ベンザルコニウム液や塩化アルミニウム液が用いられます。においが強い場合は、手術で腋の下のアポクリン汗腺を取り除くとにおいはなくなります。

 

 

病気に気づいたらどうする

 

腋の下を清潔に保つことが大切です。汗をかいた後はシャワーや入浴で汗をよく洗い流し、清潔な下着にこまめに取り替えます。 腋毛(えきもう)があると汗が付着して細菌が繁殖しやすくなるので、腋の下の毛を切ったり脱毛すると、腋臭を減らす効果があります。

 

 

 

ワキガ(腋臭)のセルフチェック

 

 

ノアンデ

 

ワキガは自分では気づきにくいと言いますが、それは本当なのでしょうか?
臭覚には個人差がありますので、一概には言えません。

 

しかしワキガの症状が軽いため、においに気づかない、臭覚的に何も感じない、嗅覚がワキガのにおいに慣れてしまって自覚できないというケースが多いのも確かです。だからと言って「ワキ汗がすごい」「ワキがにおう」ということが、必ずしもワキガに繋がるわけではありません。

 

においの悩みはとてもデリケートです。におっているかどうか周りの人に聞きたくてもなかなか思い切れませんし、逆ににおっている人にそう伝えるのも心苦しいです。そこで、ワキガ体質かどうかを知るためのセルフチェック方法をお教えします。

 

 

“ワキガ度”をセルフチェック

 

ワキガは正式には「腋臭(えきしゅう)症」と言って、文字通り「腋(わき)のにおい」が特徴的です。
ワキガ体質かどうかを知るには、次のようなチェック項目があります。

 

耳アカがベタベタしていないか

 

ワキガ体質の人の耳アカは、やわらかく湿り気をもっていることが多いです。耳アカには乾燥した「コナ耳」と湿った「アメ耳」の2つのタイプがあるのですが、ワキガ体質の人は圧倒的に後者が多いです。それは、耳の中(外耳道)にワキガの原因となるアポクリン腺が多いためです。耳の中に多いということは、ワキの下にも多いと考えられます。

 

またアポクリン腺は毛根の入り口近くに存在するため、耳の中の毛が太く多いかもチェックポイントとなります。

 

洋服のワキ部分に黄ばんだシミができやすいか

 

白い洋服や下着のワキ部分が黄ばむことが多々ある人は、ワキガ体質という可能性が高いです。これは、アポクリン腺から出る汗によるものです。アポクリン腺の汗はタンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分など、においの原因となる物質を含み、やや粘り気があることが特徴です。これらの成分がつくことにより、黄ばみやシミができるのです。

 

ただしデオドラントスプレーなどの制汗剤の使用で衣類が黄ばむ場合もありますので、ワキガチェックをする際は使用しないようにしましょう。ちなみに背中から出る汗は、微量の塩分と水分で構成されるエクリン腺の汗です。これはアポクリン腺の汗に比べてサラサラし、においも弱いです。

 

ワキ毛に白い粉がつくか

 

何もつけていないのにワキ毛に白い粉状のものがついている場合は、ほぼ間違いなくワキガ体質と言えるでしょう。それは、白い粉上のものは分泌されたアポクリン腺からの分泌物が結晶となったものだからです。

 

両親、または親のどちらかがワキガ体質であるか

 

ワキガ体質は3割ほど遺伝するとされています。100%ではないにせよ、親がワキガ体質である場合は自身も疑ってみるべきでしょう。

 

ワキの下に汗をかきやすいか

 

多汗症とワキガは混同されやすいですが、似ているようで全く違います。体温調節や精神状態によってエクリン腺の汗が大量に出るのは多汗症。季節や精神状態に関係なく、粘り気のあるアポクリン腺の汗が常に分泌されているのがワキガです。多汗症の場合は、ワキだけでなく全身に症状が出る場合も多いです。

 

多汗症の人がたまたまワキガ体質だったというケースもありますので、よく汗をかく部位やシーン、汗の状態などをチェックすることが大切です。

 

「ワキガ=手術をしないといけない」というわけでもあません。ワキガの症状は軽いものから重いものまで様々で、それにより治療法が変わります。大切なのは、最適な解決策によりにおいの悩みから解放されることです。早とちりをして失敗しないよう、焦らずに対処しましょう。

 

 

 

ワキガ(腋臭)の原因「アポクリン腺」とは

 

汗を出す汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があります。これらの違いについて触れつつ、ここでは主にワキガと深く関係しているアポクリン腺について解説します。

 

ノアンデ

 

 

エクリン腺とアポクリン腺の違い

 

エクリン腺は全身に存在する1平方センチに100個以上もある小さな汗腺で、主に体温を調節する役割を担っています。エクリン腺から出る汗の99%は水分で、残り1%に塩分や尿素、アンモニアが含まれています。99%が水分であるだけに、においはほとんどありません。

 

一方のアポクリン腺はワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪など限られた部位に存在する汗腺です。汗は白っぽい色で粘り気があるのが特徴で、タンパク質・脂質・糖質・アンモニア・鉄分などが含まれています。これらの成分が常在菌により分解されることで、ワキガ独特のにおいが発生するのです。

 

 

アポクリン腺は誰にでもあるの?

 

アポクリン腺は誰にでも存在し、皮膚の裏側に粟粒のような形状で並んでいます。誰にでもあるのに、ワキガ体質の人とそうでない人がいるのはなぜでしょうか?それは、その数と大きさに違いがあるためです。

 

においの強い人は一般的にアポクリン腺の数が多く、ひとつひとつの粒も大きい傾向がみられます。数は生まれながら決まっており、大きさは男女ともに思春期(第二次性徴)を迎える頃に大きくなり、老年になると小さくなると言います。

 

ワキガ対策をする上で無視できないアポクリン腺ですが、においレベルに応じて以下のようなアプローチを考えましょう。

 

アポクリン腺から出る汗の量を抑える。
アポクリン腺から出る汗の質を変える。
手術によってアポクリン腺の数を減らす、または除去する。

 

最近はまだ幼い子どものワキガに悩む親も少なくないと言います。思春期前の子供のアポクリン腺は成長途中のため、除去手術をしても再発する可能性があります。そのため子供のワキガ対策としては、デオドラント剤やボトックス注射などでにおいを軽減する方法をオススメします。迷った時は病院に相談しましょう。

 

 

アポクリン腺からのにおいはフェロモンだった

 

こう見るとアポクリン腺がとても悪いもののように思えますが、元々は異性を惹きつけるフェロモンの役割を果たすものでした。

 

これは、まだ私たち人間が進化を繰り返していたはるか昔にさかのぼります。動物は種の存続と遺伝子の偏りを防ぐため、自分とは違うにおいに惹かれる本能をもっています。相手を確認するための手段が“におい”というわけです。アポクリン腺のある部位が性的な部位に集中しているのも、そのためです。

 

人間の嗅覚が退化するに伴って、アポクリン腺は減少していきました。また性的信号がにおいから見た目へと変わったことにより、元々フェロモンであったアポクリン腺のにおいは、今ではすっかり嫌われものになってしまったというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
TOP ノアンデの成分 ワキガとは? ワキガの治療方法と費用 ワキガ対策ランキング